シンドラーロゴ白抜き

ピンクの文字とベンケイ 泡とイワナが映る青い水面 秋色の体色をしたアマゴとベンケイ お腹が」パンパンな本流アマゴとベンケイ 灰色の空とハザ掛けとベンケイ 黒色の魚体をした2匹のアマゴとベンケイ 青い空が映る水面とアマゴ 目玉に力がある尺アマゴとベンケイ 夏の茶色いイワナと横たわるベンケイ 黄色のヒレが美しい四国のアメゴ 茶色く大きなイワナが咥えたベンケイ

 BENKEI   ORIGIINAL 
 〜弁慶〜
重量:約3.5g(リング&フック無)
全長:50mm シンキングミノー
バルサ材、0.8mm基盤リップ
タングステン使用
*推奨リング#1 *推奨フック#14 
*推奨リング&フック搭載重 : 約3.8g

  • 天然素材の為重量に多少の誤差が生じます
  • 予告無くモデルの変更をする場合があります
¥3,980- (税込¥4,378-)型番(B)
:出荷時はリング&フックレスとなっております。

 

 BENKEI   OMOWAZA 

〜重技〜
重量:約4.6g(リング&フック無)
全長:50mm ヘヴィーシンキングミノー
バルサ材、0.8mm基盤リップ
タングステン使用
*推奨リング#1 *推奨フック#14 
推奨リング&フック搭載重:約4.9g

  • 天然素材の為重量に多少の誤差が生じます
  • 予告無くモデルの変更をする場合があります
¥3,980- (税込¥4,378-)型番(BO)
:出荷時はリング&フックレスとなっております。

 

 

 
 
 
 
 

 BENKEI   ORIGIINAL 
 〜弁慶〜
重量:約3.5g(リング&フック無)
全長:50mm シンキングミノー
バルサ材、0.8mm基盤リップ
タングステン使用
*推奨リング#1 
*推奨フック#14 
*推奨リング&フック搭載重:約3.8g

  • 天然素材の為重量に多少の誤差が生じます

  • 予告無くモデルの変更をする場合があります

¥3,980- (税込¥4,378-)型番(B)
:出荷時はリング&フックレスとなっております。

 

 

 BENKEI   OMOWAZA 
〜重技〜
重量:約4.6g(リング&フック無)
全長:50mm ヘヴィーシンキングミノー
バルサ材、0.8mm基盤リップ
タングステン使用
*推奨リング#1 
*推奨フック#14 
*推奨リング&フック搭載重:約4.9g

  • 天然素材の為重量に多少の誤差が生じます
  • 予告無くモデルの変更をする場合があります
¥3,980- (税込¥4,378-)型番(BO)
:出荷時はリング&フックレスとなっております。

  

 

*地域や季節によって体色が変わる魚の美しさを楽しむ為、ヤマメやイワナなどリアル系のカラーは生産の度にわざと色合いを変えております。

 

 
 
 
『名は体を現す』BENKEIは正にそんなミノーだろう。武蔵坊弁慶と言えば牛若丸と剣を交え負けを喫して以来牛若丸と共に旅を続け、命をかけて友を守ったとされる歴史上のヒーローだ。そのイメージは背中に幾つもの武器を持ち、手には大きなナギナタを携えた大男と言ったところだろうか。
 
BENKEIは50mmでありながら背中を大きく広げボリュームを持たせることで、実際に魚が受けるインパクトサイズは同50mmよりも大きいため、魚へのアピールも大きいのだ。しかし、ただ大きいだけでは意味がない。出来うる限りボディーを薄く、出来うる限りウエイトを低重心化させることで、サイドの大きなフラット面を最大限に生かしたフラッシングの強いヒラ打ちを作り出すことが可能になったのだ。ギラッギラッと連続してヒラを打つ様は、弁慶がナギナタを振り回し暴れ舞う勇姿を連想させてくれることだろう。
 
もちろん、schindlerの一貫した信念『流れの中で使えないミノーはいらない』はBENKEIにも詰まっている。例えばダウンで魚を焦らして誘惑させたい時、例えば直ぐにルアーが手元に来てしまう様な流れの中アップストリームで移動距離を短くして食わせのタイミングを長く作りたい時、さらにはヘヴィーシンキングタイプのOMOWAZAなら底まで落とし込んでボトムバンプなんて技も使うことが出来る。BENKEI & OMOWAZAのレスポンス良く左右に弾けるヒラ打ちは、きっとアナタの旅を支えるお助け役になってくれるはずだ。

 
 
『名は体を現す』BENKEIは正にそんなミノーだろう。武蔵坊弁慶と言えば牛若丸と剣を交え負けを喫して以来牛若丸と共に旅を続け、命をかけて友を守ったとされる歴史上のヒーローだ。そのイメージは背中に幾つもの武器を持ち、手には大きなナギナタを携えた大男と言ったところだろうか。
 
倒れた木には緑の苔が生えている。水は澄んでいる。

 
BENKEIは50mmでありながら背中を大きく広げボリュームを持たせることで、実際に魚が受けるインパクトサイズは同50mmよりも大きいため、魚へのアピールも大きいのだ。しかし、ただ大きいだけでは意味がない。出来うる限りボディーを薄く、出来うる限りウエイトを低重心化させることで、サイドの大きなフラット面を最大限に生かしたフラッシングの強いヒラ打ちを作り出すことが可能になったのだ。ギラッギラッと連続してヒラを打つ様は、弁慶がナギナタを振り回し暴れ舞う勇姿を連想させてくれることだろう。
 
紫に光頬と眼光が鋭いアマゴ

 
もちろん、schindlerの一貫した信念『流れの中で使えないミノーはいらない』はBENKEIにも詰まっている。例えばダウンで魚を焦らして誘惑させたい時、例えば直ぐにルアーが手元に来てしまう様な流れの中アップストリームで移動距離を短くして食わせのタイミングを長く作りたい時、さらにはヘヴィーシンキングタイプのOMOWAZAなら底まで落とし込んでボトムバンプなんて技も使うことが出来る。BENKEI & OMOWAZAのレスポンス良く左右に弾けるヒラ打ちは、きっとアナタの旅を支えるお助け役になってくれるはずだ。
 
深い緑が水面に写り込む夏の渓流

 
 

Copyright Schindler Handmade Lure Studio. All Rights Reserved.